院長履歴

 医院長:鳥越義房(とりごしよしふさ)

院長写真

 修得した大腸肛門外科手術技術を、高齢者肛門疾患、排便機能障害患者に生かしつつ地域医療に貢献したい。

•語学:スペイン語、ポルトガル語、イタリア語
•趣味:パソコン
•性格:明朗快活

 美味しいものを食べてすっきりと排泄する。それが一番の幸せです。
 蕎麦が大好物なので、美味しいお蕎麦屋さんの情報、お待ちしております。

 

 


 学歴・職歴

昭和 52 年 5 月 ボリヴィア共和国チュキサカ大学医学部卒業
昭和 52 年 6 月 日系移住地にて無医村勤務
昭和 53 年 2 月 ボリヴィア共和国医師資格取得
昭和 54 年 11 月 第 68 回医師国家試験合格
東邦大学医学部外科学第1講座入局
昭和 62 年 6 月 東邦大学大森病院救命センター出向
平成元年 5 月 外科学第 1 講座復職
平成 2 年 1 月 JICA(国際協力事業団)の要請により日本-ボリヴィア消化器疾患対策プロジェクトに専門家として派遣
平成 2 年 6 月 日本消化器外科学会認定医
平成 3 年 7 月 外科学第 1 講座復職
平成 4 年 3 月 日本大腸肛門病学会 認定医、専門医、指導医
平成 10 年 1 月 日本救急医学会認定医
平成 10 年 8 月 学位(医学博士)東邦大学
平成 12 年 6 月 東邦大学大森病院救命センター出向
平成 12 年 12 月 日本外科学会認定医、指導医
平成 13 年 5 月 南米での医療活動のため東邦大学外科学第 1 講座退局
平成 14 年 3 月 帰国
平成 14 年 8 月 医療法人社団稲富医院院長就任
平成 15 年 10 月 医療法人社団稲富医院退職
平成 15 年 12 月 とりごしクリニック(平塚市桜ヶ丘)設立
平成 26 年 3 月 新クリニック設立及び移転のため閉院
平成 26 年 3 月 とりごしクリニック(神奈川県平塚市八重咲町に)設立

 

 賞罰

平成 10 年 10 月 日本大腸肛門病学会賞
(Dynamic Defecograpy に基づいた排便障害の手術術式の検討)